ウェディングプロデュースショップeclat-エクラ-

茨城県水戸市元吉田町1851-4
営業時間 10:00~19:00(不定休)
※上記以外の時間をご希望の場合は、ご相談ください。
Facebook.png Twitter.png Instagram.png Line.png Youtube.png

茨城県で場所や形式にとらわれない自由な結婚式・オリジナルウェディング・神社挙式をプロデュース

tel.png

エクラ ウェディングレポートエクラについてエクラ新着情報eclat-エクラ-のブログエクラへのアクセスエクラへお問い合わせ

img-1.jpg

img-2.jpg

img-3.jpg

img-4.jpg

img-5.jpg

img-6.jpg

img-7.jpg

img-8.jpg

img-9.jpg

img-10.jpg

img-11.jpg

img-13.jpg

img-14.jpg

img-15.jpg

img-16.jpg

img-17.jpg

img-18.jpg

img-19.jpg

img-20.jpg

img-21.jpg

img-22.jpg

img-23.jpg

img-24.jpg

img-27.jpg

img-28.jpg

img-29.jpg

img-30.jpg

img-31.jpg

img-32.jpg

img-33.jpg

img-34.jpg

img-35.jpg

img-36.jpg

img-37.jpg

img-38.jpg

img-39.jpg

img-40.jpg

img-41.jpg

img-42.jpg

img-43.jpg

img-44.jpg

img-45.jpg

img-46.jpg

img-47.jpg

コンセプト
お肉大好き・地元・牛
会場
挙式なし
披露宴:(久慈郡大子町)豊年万作
スタイル
披露宴:ホテルウェディング
プロデュース
披露宴
撮影
カメラマン:池田写真館事務所~Swallowtail~


Shacho’s Produce
新規就農で茨城に移り住み、畜産農家をはじめるカップルのご結婚式をサポートさせていただきました。
お二人が住む大子町は「袋田の滝での挙式」そして、「おひさま結婚式」以来のご縁で、今回の結婚式で町の人とも繋がりが深まり、嬉しい時間となりました。お二人からのお問合せが大子だったというのは全く偶然。HPからの問い合わせでした。

お二人の出会いは2013年。茨城県の大学院の農学部で学んできた新婦が研修に出た先で、農業を志し農家法人に勤めていた新郎と出会いました。黒毛和牛に魅了されていたお二人は同じ目標を持ち夢を語るうちに結婚を意識されたそうです。

結婚式のサポートのご依頼をいただき、お二人と立ち寄ったのが大子に来るようになっていつも伺わせて頂いていたカフェ。その時、カフェのオーナーから、大子の町おこしを行うNPOが2015年3月に立ち上がり、大子町で毎年3月に行われている「百段階段ひなまつり」という大きなイベントの中で「花嫁行列」をしてみたいという企画が持ち上がっていることを聞きました。
カフェのオーナーが小学生の頃に歌った曲に『嫁入り行列』という合唱曲があったそうです。昔は花嫁行列というモノが有ったんだとしったオーナーは、是非この町で再現してみたいと思ったそうです。町に眠る「長持ち」を利用し、行列には町の若い方たちがボランティアで協力されました。

新郎は神奈川県、新婦は千葉県の出身。
他県に生まれ育った若い二人が過疎が進んだこの町に来てくれる…。町おこしのNPO活動を立ち上げようとしていた町の皆さんにとっては、願ってもいないお二人だと、花嫁行列の新郎新婦に抜擢されたのでした。
「花嫁行列」は、地元の方々のご協力で、たくさんの町の方や観光客が見守る中、盛大に行われ、その様子はテレビでも放映されました。この行列には「おひさま結婚式」の横手ご夫妻もボランティアでお手伝いをしてくれました。結婚式から2年。町の一員としてお祭りのお世話をする二人の姿を見て、私はもう、それだけで感無量でした。
そして実際の結婚式は「花嫁行列」の翌月4月の桜が満開の日に行いました。ゲストは、お二人が大子町に移り住んでからお世話になっている方以外は全員他県から来ていただきました。結婚式の目的は、自分たちの住む町とこれからやっていく仕事を知っていただくこと。大子町を楽しんでもらおうと、披露宴会場の観光ホテルから歩いて行ける日本三大名瀑の「袋田の滝」への観光ツアーを入れました。お二人の支度を早めにあげて総勢30名以上での観光!みんなで写真を撮って時間を過ごしました。挙式は、お二人のご実家の水を持ち寄り「お水合わせの儀式」を人前式で行いました。披露宴では、お二人がこの土地で畜産業をはじめるきっかけになった常陸牛の生産者から特別に手配していただいた最高級のA5シャトーブリアンを堪能していただきました。ウエディングを通じて地域の繋がりが広がっていくことを感じた結婚式でした。

お客様の声はこちらからご覧ください。→