ウェディングプロデュースショップeclat-エクラ-

茨城県水戸市元吉田町1851-4
営業時間 10:00~19:00(不定休)
※上記以外の時間をご希望の場合は、ご相談ください。
Facebook.png Twitter.png Instagram.png Line.png Youtube.png

茨城県で場所や形式にとらわれない自由な結婚式・オリジナルウェディング・神社挙式をプロデュース

tel.png

エクラ ウェディングレポートエクラについてエクラ新着情報eclat-エクラ-のブログエクラへのアクセスエクラへお問い合わせ

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

16.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

26-1.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

40.jpg

41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

46.jpg

47.jpg

コンセプト
旅行・ゲストと楽しくゆっくりと過ごす
会場
挙式:(日立市)うのしまヴィラ ユズリハhouse
披露宴:(日立市)うのしまヴィラ 海音~シーネ~
スタイル
挙式:人前挙式
披露宴:レストランウェディング
プロデュース
挙式&披露宴
撮影
カメラマン:ギリフォトワークス


Shacho’s Produce
お二人との出逢いはメールでした!2月のある日…
山形県に住むお二人は、親戚がいる茨城県日立市にメールを頂く少し前に旅行に行った際に泊まった施設がこじんまりしていてスタッフの方が温かくて、お料理もやさしいし、居心地がすごくよくて気に入ったんだそうです。それまで結婚式の事とか特に考えていなかったおふたりがここで結婚式が出来るならやってもいいかも・・・。と思って問合せ頂いた事が出逢いでした。
山形へ行くにはわたしが住む水戸から車でも5~6時間はかかります。でも、一度お会いしてまずは色んなお話を聞いてみたい!と思った私は、お二人にお願いをしました!「大変申し訳ありませんが、茨城と山形の中間点として福島県の郡山市でお逢いできませんか?」とメールしました。お二人からはすぐに快く「いいですよ」というお返事!まだ、スタッドレスを履いていた寒い時期に郡山のあるカフェで待ち合わせ!お客様もきっとドキドキだったと思いますが、実は私もドキドキの初対面。でも、お二人の笑顔にそんな不安は一気に吹き飛び、そこからお二人とすぐお話が弾みました!その日に「お願いします!!」とご依頼を頂きました。11月2日まで、約8か月!!お二人は何度も茨城に打ち合わせに通ってくださいました!!

遠方から来て頂くので打ち合わせ自体も楽しく過ごしてほしい!と私が美味しい!と思ってよく通っているお店を紹介し、夜の食事を楽しんでもらいました。そしてお店でも山形から来て頂いているんです!!と事前にお伝えしていたので、お料理をサービスして頂いたりおもてなしのサポートもしてもらえました。また、お二人と一緒に買い物に出かけた時もお店の方の親切な対応に、お二人は「ますます茨城が大好きになりました」という嬉しい言葉を頂きました。

今回のテーマはシンプルに「ゲストと楽しくゆっくりと過ごす」
空間のデザインというよりは「時間」をどう気持ちよく過ごしてもらえるか?そんなことから考えていったような気がします。20数名の皆さんがほとんど宿泊して過ごす事に準備は大変でしたが、楽しみも増えました。挙式や披露宴だけだとバタバタしてお越し頂いた皆さんとゆっくり話も出来ない事もありますが、はじめましての皆さんとも「泊まる事で」ゆっくり過ごせます。新郎のご両親は京都に。新婦のご両親は栃木に住むお二人にとって親御さんともゆっくり過ごす時間も取れました。何か特別な演出をしなくても、みんなで自己紹介をして楽しく過ごす!集まってもらう事が大事なんだと実感しました。

新郎の趣味がキャンプ!会場にはお二人が使っているキャンプ用品を並べてお出迎え。食事のデザート時に出す珈琲は新郎が選んだ珈琲豆を挽いて新郎自らコーヒーを入れて、ゲスト皆さまに配りました。皆さん、新郎からのおもてなしに「おいしいね」の声。わたくしたちスタッフにも入れてくださいました。皆さん笑顔が素晴らしくこんな風な結婚式は初めてだけどゆっくりできて良かった!!の声を頂きました。

結婚式はその昔は「家婚式」としてゲストを自宅に招き、親族やお世話になった方が「集う」大事な時間でした。そんな昔の祝宴のように、こんな風にゆっくりと親族が一堂に会する事はこの先なかなか難しい事かもしれません。だからこそ「お祝い」という幸せな時間を両家親族で共有できた今回の結婚式は、最高に贅沢な時間だったと思います。
わたくし自身が結婚式を行ったほうがいい!と思うところの「原点」がここにあったような気がします。だって・・・ゲストみんながあんなに笑顔で笑って過ごせるなんてこんなに贅沢な事はない!!と思うから。

お客様の声はこちらからご覧ください。→