商品開発PR(6次産業化相談)

スーパーマーケットトレードショー2017

IMG_8185

こんばんは!

地域活性化ウエディングプランナーの山本です

今週水曜日から金曜日と
毎年この時期恒例の「スーパーマーケットトレードショー」でした
2014年から参加させて頂いていますが、
この3年間ブース側にいてなかなか客観視が出来なかったのですが
今年は前日のお手伝いとお手伝いした先の対応のみだったので
かなり全体を見ることが出来ました。
「食の宝庫」というキャッチコピー的なタイトル
出店されている各企業さんはそれぞれの特徴があり
興味深い商品や定番の商品があります。
が・・・・・

なんかまとまりが足りない。
イチ来場者として見たときにもっと見やすくなっていたらいいのにな。と
思ったのです。
他県がそれがきちんとできているのか?というと
実はそこまでは出来てないのがほとんど!
でもあの県のブースは見やすい!とか
見てて楽しい!!とかあって、それが長居してしまう要因だとも思うのです

でも
昨年までなかった大きなモニターで各出展のブースの紹介があったり
昨年から始まった出展の方の話を聞くステージがあったり・・・。
そういうのはほかにはなかったのでよかった!!と素直に思いました。
そのブースでは娘ぐらいの年令(笑)の大切な友人が昨年に続き
インタビュアーとして3日間頑張っておりました。

また
「ミニトマトジュース:サンパレット」が
なんと!!「フード30選」に選ばれて展示されていました。
なんだかドンドン大きくなっていく子供のように
手の届かない存在になっていって嬉しい限りです!!

 

IMG_8185

IMG_8170

ここに30選が展示。
茨城からは「サンパレット」のみ!!

IMG_8172

思わずアップで撮影!!

IMG_8168

 

別のところには茨城の商品たちが「ピックアップ商品」で展示されていました。
この「和紅茶」・・・引菓子の代わりにいかがですか?
口当たりがマイルドで何杯でも飲めるのです。
自身の畑で作って自社で栽培!!これから発売です!!

IMG_8167

IMG_8184

10万円のニンジンジュース!!飲んでみたい・・・

IMG_8181

10年以上前に知り合い、2年前までホテルの支配人であったシニアソムリエでもある小口さん!!
今は仕事が楽しいと言っていました。「食」の大事さを伝える伝道師です

IMG_8163

相変わらず美人さんの優香ちゃん。3日間お疲れ様でした。

–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–

山本恵への問い合わせは
yamamoto@eclat-w.jp

029-246-2848

スーパーマーケットトレードショー2016

フードテーブルインジャパン

こんにちは。
地域活性化ウェディングプランナーの山本です。

さて
2/10-12の3日間開かれた
「スーパーマーケットトレードショー2015」
今年で3回目のお手伝いになります。
フードテーブルインジャパン

茨城県ブースの中の1つ「つくば市」の
お手伝い!
つくば市で行われている「6次産業化塾」の
塾生さんたちの商品化されたものを出店。
つくば市6次産業化塾

実は今年で3回目と書きましたが
今年やっとキチンと販売レベルまでもってこれたかな?と
思っています。
あとはご本人たちがどうしていきたいか?
ワタシはあくまで

商品化アドバイス

商品化のターゲット&デザイン相談

デザイナー紹介

商談シート作成アドバイス

ここまでがお仕事。
それ以上は個別指導になってしまう!

難しいのです。
クライアントさんが「市」であり
個人or個別企業からではないので・・・。
とはいえ・・・皆さんの頑張り見て
本来はそこまでしなくてもいい「売り先」の
紹介までやっています。
が・・・。
そこからどう話を進めるのか?という
「商売」をするなら自分たちでやるべきであり
そこはきちんと線引きしています。

「販売」というのは厳しいのです!!!!!はい!

さて・・・
今回の「茨城ブース」はここ2年とガラッと変わりました。
シャープな感じですね。
昨年までなかった「各ブースPRタイム」が
取れる小さなステージも創っていました。
大事!!!「音」から入る情報は
「目」から入る情報にプラスされますから。

茨城県ブース1

ここで各出展社はPRタイムです

隣のブースだった「万年屋」さん

梅干し「吉田屋」さん&8代目大山さん

筑西の湖月庵さん!5年前に結納式のお手伝いをさせて頂いたご縁もあり!

2014グッドデザイン賞!!6次化プランナーとしてお手伝いした商品

土浦出身の「野菜ソムリエ」であり「野菜ジャーナリスト」でもある篠原さんと!初対面なのに盛り上がる(笑

で・・・他県のブースもなるべくくまなく見たかったのですが、
見落としているところはある感じです・・・。
今回も高知のブースへ!
高知は「高知家」で攻めています!
「想い」が伝わってくる。
茨城の商品も皆、想いがあるのに伝わりづらいところもあり・・・。
この差はなんだろう??
「四万十ドラマ」のリショーさんにも久しぶりにお会いしました。
「ここだけ!ここだから!」
そんな商品と自信と開発が見える。
茨城の商品も何も見劣りしない!!と思っているけれど
消費者に「違い」が見えてしまう。

中の事を知らないのに外の事なんか・・・と
いう人もいるかもしれないが、やはり外に出ると学ぶことがたくさん。
だとわたしは思うのです

「四万十ドラマ」のブースにいた男子は
パティシェで置いていた商品を創っている!
実際のお客様の声を聴いたり、自分の声で説明することで
商品を客観的に見れる。
「食べて欲しい」という想いが伝わる。

smt高知
IMG_3063

IMG_3059

誰に買ってもらいたいの?

このシンプルな「想像力」があるかどうか?
大手のメーカーではない・・・
一農業法人だったり
地方の小企業が目指すところは
やはり「想い」が大事。

だって「想い」がないと
続かないですから・・・。

「想い」があるかた!!
一度ご相談ください。

山本 恵

6次産業化からの商品開発について

ミニトマトジュース「サンパレット」色がきれい!!

こんにちは(*^^*)
地域活性化ウェディングプランナーの山本です。

この新しいブログでは
3つのコンテンツ分けをしています。

◉ ウェディングのいろんなお話

◉ ウェディングのお客様の事例や声

そしてもう一つが
◉ 商品開発や提案(6次産業化)

そうこの3つ目が私のもう一つの仕事なんです
ウェディングやっていて
食や農ってどういうこと?と
思う方も多いと思いますが
実は私にとってウェディングの仕事に役立っている
&
広がりを持たせてくれています。

ミニトマトジュース「サンパレット」色がきれい!!

ミニトマトジュース「サンパレット」色がきれい!!

ミニトマトジュース「サンパレット」

ミニトマトジュース「サンパレット」

【これはわたくしがプランナーとしてお手伝いした商品です】

6次産業化とは農林水産省の政策で
2011年から始まりました。
一次産業
二次産業
三次産業
を足して6次産業という造語です。
農家さんが自分達で作り加工して
販売する。ということ。
これについての
良い点、問題点は
おいおい書いていきます。

私は
大阪生まれ大阪育ち。で日々の中で
農業とは関係ない環境でした。
亡き母の実家が兵庫の山陰地方で
米を作り精米所を併設し、
但馬牛を育てていたのですが
10代の時の事で正直、興味が無かったんだと
思います。

ところが8年前に
茨城県の農業が北海道に次いで
全国2位の農業県だと知り
地域でウェディングを盛り上げたいなら
県のいろんな事を知りたいと
水戸に住んでだいぶん経っていたのですが
気付いたのです!

そこから県内には知らないことが
たくさんある。と少しずつ調べたり
農商工連携と言う言葉を知り
勉強会に参加したりするように
なりました。

ウェディングを生業にしていて
そういう集まりにいるのは
珍しがられました。

その興味は
「茨城にはなんでこんなにいいものがあるのに
買いたい!と思うギフトが少ないのかな?」
いうことになり、それは引き出物にも繋がるのに。と
ずっと言ってきました。

そしてそれであれば自分でそんな皆さんの
お手伝いをしたい!!ということに行きつきました。

地域の皆さんと有志の地域を盛り上げたいと
勉強会をやってきました。

そんな中、
2011年から始まった「6次産業化」という
農林水産省の政策に関わろう。と
思ったんです。

国や市町村は農家さんに
加工品を作るようにに勧める・・・
けど・・・
どれだけ良いものを作っても
それをどんなしつらえをして
どこに売りたいのか?
どんな人たちに買ってもらいたいのか?
いくらで売るのか?
誰が営業するのか?
たくさんの「?」を1つづつ考えて
それでもその加工品を作っていくのか?
補助金ありきではなく
補助金はあったらまだ良い。
ぐらいで進められるのか?

全国にいる「6次産業化プランナー」さんは
いろんな得意分野があります。

わたくしは
「商品開発」
「ターゲット設定」
「営業の仕方」
「マーケティング」
が得意分野で・・・
そしてさらに
「女性というキーワード」の商品開発が
これは「好き」です。

6次産業化で商品化されたあとで
さて・・・どうしよう!!と思ったら
是非一度ご相談ください。

全国お伺いします
(これに関してはウェディングと同じです(#^.^#))

メールでお問い合わせくださいね。

あなたの商品をわくわくするために・・・

山本 恵